XPのサポートが終了しました。

WindowsXPのサポートが終了しました!

 

世界的に普及し、日本人に一番人気があったと言われるWindowsXP

 

2014年4月9日で、更新サービスサポートの終了となりました。

 

XPの使用率は高く、今でも4人に1人は使っているというアンケート結果があります。

 

xp使用率マイナビニュース調査

 

マイクロソフト社によるサポートが終了すると、

  1. Windowsの更新がなくなる

  2. セキュリティパッチが提供されない

  3. 新しい周辺機器やソフトウェアが対応しない

  4. メーカーのサポートが受けられない可能性がある

 

などの不具合が生じます。

 

なかでも、いちばん問題になるのが、

 

セキュリティパッチが提供されないということです

 

セキュリティパッチが提供されないとどうなるか?

では、

セキュリティパッチが提供されないとどうなるか?

 

まずセキュリティパッチとは何か?

 

セキュリティパッチとは

インターネットや電子メールに関連するアプリケーションソフト、

ウイルス対策ソフト、オペレーティングシステムなどに見つかった

脆弱性やセキュリティーホールを修正し、

コンピューターウイルスやクラッキングの攻撃を受けないよう

安全性を高めるために用いられるパッチファイル(修正プログラム)のこと。

 

 

わかりやすく言うと、

パソコンを乗っ取ろうと考える人がWindowsに進入するための「穴」を日夜探しています。

この「穴」のことをセキュリティーホールと言います。

 

このセキュリティーホールを発見するとWindowsの開発元であるマイクロソフトは、

穴を埋める修正プログラム(セキュリティパッチ)をWindowsの更新により

各パソコンに配布しているのです。

 

サポートが終了するとこのWindowsの更新サービスもなくなるのです。

 

もしセキュリティパッチが提供されなくなると、セキュリティの「穴」が見つかっても、

対処してくれません。

セキュリティの「穴」はそのままとなり、パソコンの乗っ取りや

データの流出などの被害にあう危険性があります。

あなたの個人情報や会社情報が盗まれる!

世界中の悪意を持ったハッカーたちがセキュリティの「穴」から

あなたのパソコンに侵入しようと試みます。

狙い目はセキュリティの甘いところからです。

単純に比べると、

セキュリティ修正プログラムの配布が無くなったWindowsXPの方が

Windows7よりもよりセキュリティが甘いと言えます。

ハッカーたちの目的は色々ありますが、

個人では、パソコンの中の住所録、パスワード情報、写真などといったものが盗まれてしまうかもしれませんし、

会社やWEBサイトでは大量のメール情報や顧客情報かも知れません。

 

『べつに盗まれても大した情報などない』などと思っている人もいますが、

最近ではイタズラが目的の案件が多く発生しており、

ウイルスに感染してデータが消えたり、パソコンが使えなくなったり、

パソコンを乗っ取られて犯罪に使用される恐れもあるかもしれません。

また自分のパソコンがウィルスの発信源になる可能性さえもあります。

とにかく危険なことが多いので、放置するのが一番危ないことです。

   → XPパソコンの再生

サブコンテンツ

このページの先頭へ