Windows7の特徴

OSとは

Operating System(オペレーティングシステム)の略で

パソコンを動かすために必要な基本ソフトです。

OSがインストールされていないパソコンもありますが

市販のパソコンのほとんどはOSインストール済みとなって販売されています。

パソコンを動かすOSといえば色々ありますが

Ubuntu(ウブントゥ)Linux(リナックス)などの無料のOS

アップル社のMac OSなどがありますが、

中でもMicrosoft社のMicrosoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)が有名です。

2009年10月には市場シェアの約90%を占めた人気のOSとなっています。

Windowsは、数年ごとに新しいバージョンが販売されており、

Windows7は2009年に販売された製品名です。

Windows7の先代の Windows Vista

ユーザーからソフトの互換性問題や動作が重いなど不満の声が相次ぎ、

短命で終わり、前倒しでWindows7が発表となりました。

Vistaでの問題点がほぼ解消されており、評判は良好のようです。

Windows7の種類

Windows7にはいくつかのエディションがあり、

それぞれ特徴があって使える機能に違いがあります。

ですから自分の使用用途にあったエディションを選ぶ必要があります。

Windows7の各エディションは、

  • Home Premium(ホームプレミアム)
  • Professional(プロフェッショナル)
  • Ultimate(アルティメット)
  • の3種類ありますが、さらにそれぞれ32bit版と64bit版があります。

    一般的なユーザーであれば、Home Premiumで十分かも知れません。

    Professionalは、ビジネスユーザー向きとなっており、

    WindowsXPモードやドメイン参加

    自動バックアップなどのビジネスに適した機能が追加されています。

    Ultimate は、Windows7の最上位エディションであり、

    全ての機能が搭載されていますので

    あらゆるユーザーに向けといえますが、値段が高くなっています。

    Windows7 は性能が高いパソコンが必要か

    Vistaでは、パソコンの性能が十分に高くないと

    動作が遅いという問題がありましたが、

    Windows7では、ほぼ改善されています。

    OSが新しくなるとパソコンに対する

    基本性能の要求が高くなるものですが、


    Windows7
    のシステム要件は

    Windows Vista とあまり変わらず、

    同じパソコンで両者のOSを比べてみると

    Windows7の方が確実に動作が早くなっています。

    最新モデルのパソコンでは価格が最安値クラスのものでも、

    Windows7を搭載しても問題はないと思われます。

    XPパソコンにWindows7を搭載すると

    しかしながらもともとWindowsXPが搭載されていた古いパソコンでは

    XPと比べると起動などは遅くなることは否めません。

    XPのメモリーの最低条件は512MBですが、

    Windows7では最低でも1GBはほしいところです。

    遅いといっても起動してしまえば動作はそれほど醜くはなく

    メールやWordやExcelなどなら特に問題はないでしょう。

    確かにXPよりもWindows7のほうが動作は遅くなりますが、

    それよりもXPを使い続けるリスクのほうを問題にするべきでしょう

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ