OS移行作業

マイクロソフト社によるXPのサポートが終了したことを受けて

WindowsXPの使用自体が非常に危険に晒されることになります。

しかし、XPは日本で過去1番売れたOSということで、現在もなお4台に1台はXPということです。

まだ使えるパソコンをこのまま廃棄するにはもったいないことです。

そこでWindows7の導入が経済的にも環境的にもいいのではないでしょうか?

ある程度の性能さえあればWindows7でも十分に仕事をしてくれます。

 

 

XPパソコンの再生

ではXPパソコンにWindows7を導入する手順を説明いたします。

  1. そのXPパソコンがWindows7に対応しているかを調べる。
  2. 必要なデータをバックアップする。
  3. 必要ならメモリーやHDDを増設または交換する。
  4. OS(Windows7)をインストールし、デバイス・ドライバーを当てる。
  5. データを戻し、各ソフトをインストールし自分の使いやすいパソコンにする。
  6. 30日以内に正規品としての認証を受ける。

以上が簡単な手順ですが、パソコンはOSを入れるだけでは不完全です。

パソコンは部品の集合体ですので、

各部品を動かすためのデバイスドライバーが必要になってきます。

Windows7にはある程度のデバイスドライバーが予め入っていますので

インストールするだけでそのまま動くパソコンもありますが、

ほとんどのパソコンはデバイスドライバーを追加で入れる必要があります。

パソコンメーカーによっては


デバイスドライバーを公開していないところもあり

パソコンにあまり詳しくない人にとっては

デバイスドライバーのインストールが少々難しいかも知れません。

OS入替え代行サービス(格安)

そこであなたに代わって

OSの入替え作業を我々が代行いたします。

XPをWindows7にするなんて、なかなか厄介なことですが、

そこは手馴れてるプロ集団におまかせ下さい。

その方が早く確実に、しかも費用が安くなるというおまけ付きです(^_^)

 
Windowsは導入後、Windowsが正規かどうか、ライセンスの認定を受ける必要があります。

この認証を受けないといずれWindowsは使えなくなります。

このライセンスの認定は一般的にはプロダクトキーによって行われますので、

このプロダクトキーの有無により代行作業方法は基本二通りあります。

1、プロダクトキーをお持ちの方、または認証作業をご自分でする場合。
2、こちらでプロダクトキーを用意し認証を受ける場合。


1、プロダクトキーをお持ちの方、認証作業をご自分でする場合。

未使用の製品版、DSP版等のOSメディアをお持ちの方は

そのメディアを同梱してください、それを使用しインストールいたします。

メディアをお持ちでない方はこちらのメディアを使いインストールいたします。

OSデバイスドライバーのインストールのみの作業となります。

認証はお客様自身で行ってください。

 


2、こちらでプロダクトキーを用意する場合。

こちらでプロダクトキーを用意する場合は、パソコンのみ送っていただければ

OS及びデバイスドライバーのインストールをし、正規のプロダクトキーにより認証を受けた後

動作確認、プロダクトキー・シールを貼ったあと返送いたします。

 

いずれの場合も注意・免責事項をよくご理解の上、お申し込みください。

こちらからはメルアド宅急便全国一律1,100円(20kgまで)でお送りいたします。

このページの先頭へ